乳酸菌とビフィズス菌の違いは?どっちがいいのか調べてみた!

DI_IMG_5788500-thumb-815xauto-5854

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」
主にヨーグルトに含まれている成分です。

どちらも腸内環境を整える働きをするので、
同じ成分のように思いがちですが…

整腸作用の働きが大きいのは
ビフィズス菌」と言われています。

今回の記事では、
乳酸菌とビフィズス菌の違いは?
どっちがいいのか調べてみた!

という内容をお届けしていきます。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

それぞれの違いをまとめると、
次のようになります。

乳酸菌 ビフィズス菌
菌の形 Y字・V字型(分岐型) 球状・棒状
生息場所 動物の腸内 乳製品・発酵食品・動物の腸内
対「酵素」 酵素に弱い 酵素に強い
代謝産物 酢酸・ビタミンB群・葉酸 乳酸

両者とも動物(人間)の腸内に
存在している「善玉菌」ですが。

乳酸菌は数千万〜数億個なのに対し、
ビフィズス菌は1〜10兆個住んでいます。

「兆」です「兆」

このことから、
乳酸菌よりもビフィズス菌の方が
人間の腸に適している菌
だと言えます。

また、ビフィズス菌は
乳酸菌が作り出せない
「酢酸」や「葉酸」を作り出す
という点も大きな違いの一つです。

どっちの方がいいの?

より多く摂取したいのは
ビフィズス菌」です。

ビフィズス菌が多く含まれている食品は、
「ヨーグルト」が代表的。

日本の乳製品メーカーの中で
ビフィズス菌入りのヨーグルトを
販売しているのが「森永乳業」です。

【森永ビヒダス BB536】
参照>>乳酸菌で花粉症対策!ビヒダスヨーグルトの口コミ・評判

yg_i

また、このヨーグルトだけでなく、
次の食品も併せて摂取すると◯

  • 大豆
  • ゴボウ
  • アスパラガス
  • 玉ねぎ

これらの食品には
オリゴ糖」という成分が含まれています。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサになり、
働きを高めてくれる効果があるので、
積極的に摂取したいところです。

他にも「食物繊維」が豊富な食品、
ビフィズス菌増殖因子」がある食品も
日頃から摂取しておくとなおよし、です。

【食物繊維が豊富な食品】

  • 海藻
  • キノコ
  • ゴボウ

【ビフィズス菌増殖因子がある食品】

  • ニンジン
  • リンゴ
  • バナナ

最後に

いかがだったでしょうか?
乳酸菌とビフィズス菌の違いは?
どっちがいいのか調べてみた!

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^

乳酸菌と花粉症の関係まとめ