ラクトフェリンの効果的な飲み方と摂取量の目安

ラクトフェリンは摂取手段や摂取量、飲むタイミングは人それぞれ違うと思います。
せっかく摂取するのならば、効率良く健康効果を得られる方がいいですよね。

正しい摂取方法を知ることで、ラクトフェリンのパワーをまるごと吸収しちゃいましょう!

効果倍増!効き目に差がつくラクトフェリンの飲み方

ラクトフェリンには熱に弱いという特徴的な性質があります。

ラクトフェリンは食品の中ではチーズに多く含まれていますが、市販のチーズはそのほとんどが加熱処理してあります。
ラクトフェリンの飲み方
ですから、チーズを食べても必要十分なラクトフェリンを摂取することは難しいのです。

また、酸にも弱いので摂取しても胃酸で溶かされることがほとんど。
ヨーグルトや乳酸菌飲料にも配合している製品がありますが、食べたり飲んだりした分だけラクトフェリンが体に吸収できるということではないのです。

このように、加熱処理されていたり、酸に負けたりしてしまうような乳製品はラクトフェリンの摂取には不向きと言えます。

効果的な飲み方

先ほども述べましたが、ラクトフェリンは非常に熱と酸に弱い性質を持っています。
ですから、熱と酸に強いサプリメントという方法で摂取するのが好ましいのです。

ラクトフェリンサプリメント
ただし、そのサプリメントが腸まで届くラクトフェリンを配合しているかどうかをしっかりと確認する必要があります。

中には腸まで届くタイプではないラクトフェリンを配合しているサプリメントもあり、そういったものの場合、胃酸に負けてしまうので効き目を発揮できません。

そして、空腹時に摂取すると吸収率が高まると言われていますので、朝・昼・夜の食事に合わせて食前に摂取するのがベストなタイミングです。
しかも、1日2~3回に分けて摂取すると効果アップにつながりますので、この点に関しても理にかなっています。

摂取量の目安

ラクトフェリンは1日当たり150mg〜300mgを摂取することが望ましいと言われています。

サプリメントであれば「1粒に○○mg配合」という表示がされていますし、「1日○粒を目安に飲みましょう。」というように摂取目安量も丁寧に表示されているはずです。

各メーカーによって1粒当たりの配合量は異なりますので、それぞれのメーカーの摂取目安量の表示通りに飲めば間違いないでしょう。

そして、ラクトフェリンは約24時間で効き目が切れてしまいます。
ですから、健康効果を維持するためには、何よりも毎日継続して摂取することが重要です。