ラクトフェリンは花粉症などのアレルギーに効果的?

毎年春先になると目や鼻に違和感をもたらす花粉症。
体質的に幼い頃から症状に悩んでいる方はもちろん、成人してから突然症状が表れる方もいらっしゃいます。

花粉症の原因と対策について調べてみたら、「ラクトフェリン」が症状の改善に効果的なようです。

花粉症の原因は何?

花粉症の人は体内に花粉が侵入してきた時に花粉を異物として察知して、『危険なものが入ってきたぞ!』『早く体外から排出しなければダメだ!』という指令がただちに出されてヒスタミンという物質が分泌されます。

花粉症の原因
そうすると、くしゃみや鼻水、目のかゆみやじんましんといった症状として表れるのです。

目のかゆみやじんましんは危険だと体に知らせるサインですし、くしゃみや鼻水は一生懸命に花粉を体外から排除しようとしている生理的な働きなのです。

花粉症は一般的には医療機関による処方薬や市販薬で症状を抑えます。
主に使用されるのは抗ヒスタミン剤です。

しかし、眠気やだるさ、倦怠感を感じることもありますので、日常生活に支障が出てしまうため、副作用を気にする方は使用できないケースもあるのです。

そこで注目を集めているのが、副作用もなく花粉症の原因となるヒスタミンの分泌を抑えてくれる「ラクトフェリン」なのです。

ラクトフェリンの花粉症に対する効果

ラクトフェリンは、臨床実験でもヒスタミンの分泌を抑え、花粉症の症状を軽減させる効果を持っているという結果が出ています。

花粉症の人がラクトフェリンを継続的に摂取した場合、ヒスタミンが生成されるのを防ぐ働きをもたらしてくれます。

ヒスタミンが分泌されなければ、花粉が侵入してきた時にくしゃみや鼻水などで追い出そうとする現象が起こらなくなります。
つまり、根本的な花粉症の改善につながるということなのです。

目や鼻がグズグズするツライ思いをしなくてもよくなりますし、『花粉の時期がやってくる・・・。』と悩まなくてもよくなります。

ラクトフェリンによって自然に花粉によるアレルギー症状を引き起こしにくくした方が、花粉症になってしまってから薬に頼って症状を抑えるよりもはるかに効果的ですよね。

花粉症対策はお早めに

花粉症の原因となるのは植物や樹木から飛散する花粉です。
特にスギやヒノキの花粉は大量に飛散し、しかも数十キロという距離でも風にのって運ばれますので注意が必要です。
ラクトフェリンの効果

花粉の飛散がピークになるのは4~5月頃。
天気予報などでは早いと3月頃から花粉の飛散状況を花粉指数などとして毎日発表することもありますよね。

しかし、実際に花粉の飛散が始まるのは1月の下旬頃と言われています。
ですから、できるだけ早い対策が必要になってきます。

目や鼻から侵入しやすいので、まずは、帽子やマスク、眼鏡といった花粉対策用のアイテムをフル活用して、花粉の侵入をブロックするのが良いでしょう。

そして、衣類や手に付着した花粉を家の中に持ち込まないことも大切です。
玄関で衣類に付着した花粉をしっかりと払い落とし、手洗いうがいを習慣づけて行うようにしましょう。

そして、ラクトフェリンも忘れずに。
サプリメントなどで積極的に摂取して、体の内側からも花粉に対する抵抗力をつけておくことが大切です。