ラクトフェリンとは?乳酸菌との効果・働きの違い

スーパーなどの乳製品売場ではラクトフェリン入りヨーグルトや乳酸菌飲料をよく見かけるようになりました。
サプリメントにも配合されている製品が増えています。
『新しい種類の乳酸菌なのかな?』と思ったのですが、どうやら違うようです。

詳しく調べてみると、乳酸菌と同じような健康作用をもたらしてくれるのですが、全く別ものの健康成分ということがわかりました。

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンとは、母乳や哺乳動物の乳に多く含まれているたんぱく質こと。

ラクトフェリンとは
1939年に牛乳中から赤い色をしている防御機能を持ったたんぱく質として初めて発見されたので、「牛乳の赤いたんぱく質(レッド・プロテイン)」と呼ばれることがあります。

ラクトフェリンと乳酸菌の違い

ラクトフェリンと乳酸菌は似ているけれども、物質としては異なるものです。

分類上の違い

ラクトフェリンは体液中に含まれる「たんぱく質」で、体内で増えることができない健康成分です。

一方、乳酸菌は「細菌」で、体内で増殖することができる健康成分です。

体内で存在する場所の違い

ラクトフェリンは体内の至る所に存在しています。
涙、唾液、膵液、胆汁、尿、血液、好中球などの中で免疫や代謝を調節するなど、人間が生きるために必要不可欠な働きをします。

また、母乳のラクトフェリン含有率は非常に高く、牛にも含まれています。

一方、乳酸菌は主に腸内に棲息しており、善玉菌として働きます。

そして、人間の腸内の他、ヨーグルトや漬物など、私たちの食生活に馴染みのある発酵食品にも含まれています。

ラクトフェリンの健康効果

ラクトフェリンには乳酸菌とは違う体に良い作用があります。
特に、鉄と結びついて貧血やドライアイを改善してくれる効果が高いと言われています。
すでに用途特許を取得している製薬会社などがあるほど注目されているんですよ。

貧血改善効果

悪玉菌は鉄分が大好物なので、生活リズムが乱れていて腸内に悪玉菌がはびこっているような人の場合は鉄分不足による貧血を起こすケースがあります。

睡眠不足や過剰な飲酒、慢性的な便秘にお悩みの方は貧血になりやすいんですよ。

ラクトフェリンの健康効果

ラクトフェリンは体内で増やすことができませんので、外側から摂取して補給してあげなければなりません。

ヨーグルトからでもサプリメントからでも日常的に摂取することで不足分を補うことができ、今感じている貧血症状も次第に改善することが可能なのです。

ドライアイ改善効果

今の時代、スマートフォンを1日中眺めたり、パソコンで仕事をしたりする方が増えていますから、以前に比べるとドライアイに悩む方が増加傾向にあります。

ドライアイの原因は涙腺の老化が原因と言われています。
涙の中にもラクトフェリンは含まれているのですが、加齢や目の酷使によってその含有量が減少してしまうのです。

しかし、日常的にラクトフェリンを摂取することで減ってしまった分を増やすができ、涙腺を若返らせる効果をもたらしてくれるそうです。

しかも、ラクトフェリンは粘膜を保護する効果もあるため、ダメージを受けにくくすることにもつながります。

加齢や目の酷使が気になる方はラクトフェリンのパワーで目をしっかりケアしてあげましょう。