乳酸菌歯磨きが効果的?歯周病や口臭対策にオススメ!

乳酸菌を利用して歯周病や口臭を防ぐオーラルケア製品が人気となっています。
他の記事でも取り上げていますが、ライオン社のタブレットなどの有名製品は続々と利用者が増えているようです。

しかし、このようなオーラルケア製品は毎日使うには少し高額ですから、ずっと使い続けようと思うと費用がかさんでしまうことがネックですよね。

そこで、それほどお金をかけなくてもできる歯周病・口臭予防として「乳酸菌歯磨き」が話題になっています。

歯磨き以外の歯周病・口臭対策

しっかりと歯磨きをしているつもりでも、歯と歯茎の間とか歯間にプラーク(歯垢)が残ってしまうことがあります。
歯周病・口臭対策

プラークの中には歯周病菌がいるので、プラークが溜まると歯周病菌が増殖して細菌感染を引き起こします。
そうなると、歯茎の腫れや虫歯で痛い思いをすることになってしまいます。

もちろん第一に正しい歯磨きは必要ですが、歯磨きだけでは不十分です。
乳酸菌には歯周病菌の増殖を抑える効果があるので、「乳酸菌歯磨き」が歯周病の予防に役立ちます。

また、口内に悪玉菌が増えると口臭が強くなります。
乳酸菌には悪玉菌を減らす効果があるので、口臭対策としても「乳酸菌歯磨き」が役立つのです。

「乳酸菌歯磨き」のやり方

「乳酸菌歯磨き」に使うのは無糖のプレーンヨーグルトです。
(乳清と呼ばれるヨーグルトの上澄みの黄色みがかった液でもいいです。)

乳酸菌歯磨き
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が口内で繁殖して乳酸を作ると、その乳酸が虫歯菌などの雑菌を滅菌してくれます。
歯磨きの仕上げにヨーグルトで磨くと効果的です。

ヨーグルトを使った「乳酸菌歯磨き」のやり方

1.歯磨き粉をつけて普通に歯を磨きます。
できるだけ隅々まで磨いてプラークを残さないように心がけましょう。
2.口を水でよくゆすぎます。
3.ヨーグルト(または乳清)を歯ブラシにつけて歯を磨きます。
4.善玉菌が流れてしまうので、口をゆすがないのがポイントです。
※どうしても口の中が気持ち悪いという人は、普通に歯を磨くよりは効果的なのですすいでもいいと思います。