乳酸菌でストレス軽減!その仕組みと効果は?

まず知っておきたいのは、腸の働きが悪い人ほどストレスを感じやすいと言うこと。
精神面が弱いからという理由だけではなく、腸内環境の良し悪しもストレスの感じやすさに関係しています。

ですから、ストレスに負けずに気分よく元気に毎日を過ごすためには、腸内環境をベストな状態に整えておくことが大切なのです。

乳酸菌がストレス軽減に効果的らしい

意外と知られていないストレスと腸の関係。
乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることは、ストレス軽減にも大きな影響を与えます。

腸と脳には相関関係がある

嫌なことがあったり、緊張したりするとおなかを壊してしまうという経験がある方もいらっしゃると思います。
精神的なストレスを受けると腸に影響が出てしまうということを実感したことがある方は多いのではないでしょうか。

その一方で、腸の働きが悪くなることで精神面に影響が出てしまうこともあるのです。
例えば、便秘がちだと何となくイライラするとか、落ち込みやすくなるとかいった症状が現われます。
睡眠障害なども出る人もいらっしゃいます。

腸の働きが悪いことが体調不良の原因だとハッキリと自覚できるケースは少ないかもしれませんが、腸の働きが鈍ることでストレスホルモンが増加することが明らかになっています。

腸と脳の相関関係
そうすると、脳内ではストレスホルモンに対応しようと体を緊張させる神経伝達物質を放出させます。
このような状況が長期に渡ると、自律神経失調症やうつ病などの重い症状に発展することも少なくありません。

このように腸の働きと脳の働きは相互に関係していますので、慢性的にストレスを感じている人は特に早い段階で腸内環境を改善する必要があります。

「SBL88乳酸菌」は睡眠障害改善の働きが確認されている

仕事や人間関係であったり、生活環境の変化であったり、毎日のくらしの中にはストレスを感じるシーンはたくさんありますよね。
日々ストレスを感じていると、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くて熟睡できなかったり、睡眠に対する悪影響が出てきます。

SBL88乳酸菌
このように、ストレスのせいで眠れなくなってしまう症状を「ストレス性睡眠障害」と言います。
そこで、睡眠障害に対する改善効果が確認されている「SBL88乳酸菌」が注目を集めています。

「SBL88乳酸菌」は大麦由来の植物性乳酸菌です。
生理活性の強い乳酸菌で、腸内にしっかり定着しやすい性質を持っています。

「SBL88乳酸菌」には様々な健康効果があります。
・体内代謝をスムーズにする
・生活リズムを安定させる
・ストレス軽減
・中性脂肪を減らす
・アレルギーの改善
というように、体にいい効果をもたらしてくれる素晴らしい乳酸菌なんですね。

特に、注目してもらいたいのは「ストレス軽減」という効果です。
「SBL88乳酸菌」を摂取することで、腸自体のコンディションに関係なく、腸内環境を改善できるそうなのです。

その結果、ストレスを感じにくくなり、睡眠障害も改善されるという二次的な作用が生まれるのです。

「L.ガセリ乳酸菌」にはストレス軽減作用がある

不規則な生活による疲労などは身体的にストレスを与えますし、学校や仕事でのイライラや悩みといった精神的不安は直接的なストレスとなります。

また、体に良いとされる運動も自分の肉体の能力以上に激しいものである場合にはかえってストレスになってしまうのです。
このように、日常生活の中には誰しもが受けるであろうストレスが溢れているのです。

ストレスが多い人はストレスホルモンをやっつけてくれる「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」の働きが鈍っている傾向にあります。
「NK細胞」の働きが鈍っているとストレスホルモンを上手く排除することができなくなります。
通常は平均の活性度が約50%というレベルで、少なくとも40%以上を保つ必要があるというのに、ひどい人は約30%にまで落ち込んでいると言われています。

「NK細胞」の活性度が低くなればなるほど、
・慢性的な疲労感
・睡眠障害
・栄養バランス不良
・免疫力の低下
などの症状が出やすくなります。

なかなか疲れが取れないとか風邪を引きやすくなるといった軽い症状からはじまり、うつ病やがんなどの大きな病気にかかるリスクが高くなると考えられていますから、「NK細胞」の働きを一定以上に保たなければなりません。

ストレスの多い環境での生活を強いられている人には「L.ガセリ乳酸菌」がおすすめです。
「L.ガセリ乳酸菌」を摂取していると「NK細胞」が活性し、ストレスを緩和しやすくなると言われています。

そんな「L.ガセリ乳酸菌」ですが、特にストレス対策に効き目があると話題なっているものがあります。
それが、カルピス社所有の「プレミアムガセリ菌CP2305」です。

カルピス社所有の「プレミアムガセリ菌CP2305」のストレス軽減作用とは

カルピス社所有の「プレミアムガセリ菌CP2305」は、「腸は自分で考え脳へ指令を送ることができる」という腸と脳の相関関係に注目した乳酸菌です。

カルピス社の研究によると、この乳酸菌を摂取することでストレスホルモンが減ることが確認されています。
しかも、脳の血流が良くなり、不安感や不眠などの症状が改善されやすくなるということも明らかになっているのです。

「プレミアムガセリ菌CP2305」は生きたままでも殺菌されていても効果は変らない性質を持っています。
つまり、ヨーグルトなどに配合してもサプリメントに配合しても同様の効果が期待できると言うことです。

でも、カルピス社でイチオシの商品としては、ストレスを感じている時でも毎日ゴクゴクおいしく飲める「届く強さの乳酸菌」という乳酸菌飲料を販売しています。

・「届く強さの乳酸菌」

プレミアムガセリ菌
内容量:200mL
価格:143円(税別)

「届く強さの乳酸菌」は、ストレスの予防策として毎日好きな時に飲んでも、ストレスを感じた時に飲んでもストレスホルモンを減らしてくれる効果があるそうです。

乳酸菌でストレス改善
ですから、職場でしんどいと思った時に飲むなり、疲れを取ってリラックスしたい時に飲むなり、『ストレスを減らして元気になりたいッ!』という人にはピッタリの乳酸菌飲料なのです。

継続して飲むことで「腸から脳に」「脳から腸に」それぞれ働きかけてストレスホルモンをやっつけてくれるパワーが高まりますので、気軽に続けられるストレス対策としておすすめですよ。