乳酸菌を摂取するとおならが臭くなる、増えるのはなぜ?

便秘だとおならが出やすいとかニオイが臭くなるという経験がある方は多いと思います。
『毒素が腸内に溜まっているせいかな・・・。』と、なんとなく理由がわかりますよね。

でも、乳酸菌を摂取しはじめてからおならが臭くなったり、出る回数が増えたりする方も意外と多いようです。
一体どうしてなのでしょうか?

特にヨーグルトや牛乳などの乳製品に見られる傾向

おならが出ることは生理現象ですので、生きている限り仕方がないことなのです。
通常、おならは腸内で悪玉菌や善玉菌が活動する時に発生すると言われています。
善玉菌のように良い働きをするものでも、悪玉菌のように悪い働きをするものでも、どちらも活動が活発になるとおならが発生するしくみになっています。

特にヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物を食べることでいつも以上に善玉菌が活発に活動するために、おならの回数が増えるケースもあります。
ニオイがそれほどでもない場合には腸の動きが良くなっている証しなので健康上の問題はありません。

おならの回数や臭い
また、ヨーグルトや牛乳にはたんぱく質が多く含まれていますが、日本人は乳製品に含まれるたんぱく質を消化吸収することを苦手としているのです。
というのも、日本人の約半分は乳製品を消化する酵素が不足気味であるという傾向にあるからです。

消化酵素がしっかり分泌されていないと十分消化されなかったたんぱく質が大腸まで届くことになります。
そうなると悪玉菌が増殖して腸内環境が悪化し、その結果としておならの臭いが強くなってしまうのです。
善玉菌と違って悪玉菌が増えることは体に良くないので、おならの臭いが強くなることは健康上問題があると言えるでしょう。

摂取する乳酸菌が合わないと悪玉菌が増加する

乳酸菌には様々な種類があります。
ヨーグルトやサプリメントにも何種類もの違った乳酸菌が使われていますよね。

腸内細菌のバランスというものは人の数だけ違っていて、100%マッチするという乳酸菌は存在していません。
本来は健康に良い効果をもたらしてくれるはずなのですが、相性が合わない乳酸菌の場合にはかえって悪玉菌を増やしてしまう可能性があるのです。

例えば、乳酸菌の効き目として代表的なのはお通じが良くなるのを実感できることです。
しかし、悪玉菌の増殖が促されてしまい、便秘がひどくなってガスが溜まりやすくなったり、おならのニオイが強烈になってしまうこともあるのです。

しかも、下痢になってしまう方がいます。
乳酸菌は便秘にも下痢にも良いのですが、その種類によっては体に合わないケースも数多く、下痢症状のみ現われてしまう人もいらっしゃいます。

ちなみにですが、はじめて、もしくは新しい種類の乳酸菌を摂取するような場合、今までとは腸内細菌のバランスが代わってくるため、ガスがたまりやすくなったり便通の調子がいつもと違ったり感じることがあります。
これは乳酸菌を摂取し始めた頃によく見られる症状です。

でも、このような症状は一時的なもので、2週間もすれば落ち着くことがほとんどです。
ですから、『この乳酸菌は自分に合っていない!』と焦燥に決めつけるのではなく、少なくても2週間を目安に摂取し続けて様子を見ることをおすすめします。
一定の期間を経て症状が好転するようであれば、そのうち健康効果をもたらしてくれるに違いありません。

おならの悩みを解消するにはどうすればいいの?

気になるおならの回数やニオイの悩みを解消するにはどのような方法があるのでしょうか。

○サプリメントで直接摂取するのがベスト
体外から摂り入れた乳酸菌は腸内環境が良ければ増えることができます。
しかし、乳酸菌の種類によって善玉菌の増え方に差が出ます。

ヨーグルトなどに含まれる生菌は胃液や胆汁に負けてしまう数の方が多いので、たくさん摂取しても善玉菌も比例して増加してくれるとは限りません。
一方、サプリメントに含まれるは死滅した菌なのですが、胃液や胆汁に負けることなくほとんどが腸まで届きます。
ですから、生菌に比べたらはるかに効率良く腸内の善玉菌を増やすことができるのです。

それに、生菌よりも死菌の方が腸に定着しやすいので、腸内の善玉菌が増えておならのニオイがそれほどでもなくなりますし、ガスも溜まりにくくなるので回数も減ってくるでしょう。

 

○色々な乳酸菌を試して相性が良いものを見つける
同じ乳酸菌でも人それぞれで相性があります。
例えば、ある乳酸菌は効き目があるけど、別の乳酸菌は全く効き目がないということもよくあるのです。
こればかりは実際にしばらく摂取してみないとわからないものです。

そこで、とりあえず、乳酸菌が効果を発揮し始める時期と思われる2週間くらい同じ乳酸菌を試してみましょう。
そして、良い変化が見られなかったら別の乳酸菌を試してみて下さい。

○肉食から菜食へ
一般的には脂質やたんぱく質などは悪玉菌が分解する栄養素と言われています。
肉類は脂質とたんぱく質をどの食品群よりも多く含んでいるので、たくさん食べ過ぎると悪玉菌が活発になりやすくなってしまいます。
ですから、できるだけ肉食から野菜中心の食生活に変えるというのもいい方法ではないでしょうか。

また、栄養面のことを考えると、肉類に代用できる食品群としては豆類がおすすめです。
豆類には消化されやすい植物性の質の良い脂質とたんぱく質を豊富に含んでいますので、肉類と同じ量を食べたとしても悪玉菌が増える心配もなく、おならの回数やニオイに影響しにくいと思います。