乳酸菌飲料とは?効果やメーカー別の比較

ヨーグルトと並んで乳酸菌の入った健康に良いとされる食品に「乳酸菌飲料」というものがあります。
スーパーやコンビニでもたくさんの商品が取り揃えられていて、固形のヨーグルトとは違った味わいを好む人も多く、飲みやすいと人気があります。

乳酸菌飲料とは?

・乳酸菌飲料の定義
食品衛生法の中の主に乳製品の成分の規格に関する「乳等省令」では、「乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させたものを加工し、又は主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」と定めています。

・乳酸菌の飲料の種類
乳酸菌飲料は無脂乳固形分の量や乳酸菌の数の違いによって栄養に差があるため、「乳等省令」で二つの種類に分類されています。
乳酸菌飲料とは

乳酸菌飲料の規格

○乳製品乳酸菌飲料
無脂乳固形分:3%以上
乳酸菌数:1mLあたり1,000万以上

乳製品乳酸菌飲料はさらに「生菌タイプ」「殺菌タイプ」に分けられます。
殺菌タイプは加熱処理して保存性を高めていて、生きた乳酸菌は入っていません。
死滅した状態で働く乳酸菌のみ含まれています。

尚、誰にでも見分けがつくように、生菌タイプは「乳製品乳酸菌飲料」、殺菌タイプは「乳製品乳酸菌飲料(殺菌)」と表記されています。
「生菌タイプ」としてはヤクルト、「殺菌タイプ」としてはカルピスが代表的です。

○乳酸菌飲料
無脂乳固形分:3%未満
乳酸菌数:1mLあたり100万以上

※無脂乳固形分とは牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分のこと。

若干ややこしいので、「無脂乳固形分」と「乳酸菌数」が多い乳製品乳酸菌飲料の方が総合的に見ると栄養価が高いという認識でよろしいのではないでしょうか。

○乳酸菌入りの「発酵乳」
また、さらに話を複雑にしてしまうことになりますが、乳酸菌飲料と非常に区別がつきにくい、いわゆる「飲むヨーグルト」のようなドリンクタイプの乳製品があります。

こちらは乳酸菌の入っている「発酵乳」に分類されるのもので、
無脂乳固形分:8%以上
乳酸菌数:1mLあたり1,000万以上
というように成分内容的には乳酸菌飲料と酷似しているのですが、厳密にいうと乳酸菌飲料ではないのです。
「乳等省令」の中でも発酵乳は別物として扱われています。

でも、乳酸菌の数で言えば乳酸菌飲料と同等の量が入っているので、健康効果としては負けず劣らずといったところです。
「ブルガリア飲むヨーグルト」や「ジョア」が代表的です。

乳酸菌飲料の効果

ヤクルトやジョアなどは子どもの頃から慣れ親しんできた乳酸菌飲料ですが、当時は健康効果のことなんて気にしないで飲んでいました。

私自身は大人になって健康に気を遣うようになったからこそ、『一体どんな効果があるんだろう?』とはじめて思うようになりました。
そこで、乳酸菌飲料の効果についてまとめてみました。

○腸内環境の改善
乳酸菌が腸内で活躍すると悪玉菌を減って善玉菌が増えます。
だから、お通じの改善につながります。

便秘になりやすいとか、おなかの動きが悪いという人にはうれしい効果です。

○免疫力アップ
乳酸菌は腸内のpH(酸性度)を保つことで、悪玉菌が増殖するのを防ぐことができるので、病気や風邪に負けない免疫力を身に付けることにつながります。
季節の変わり目の風邪予防とか、がんなどの大病を予防する効果が期待されています。

○アレルギーの改善
アレルギーの抗原やウイルスなどの侵入を防ぎ、さらに駆除する作用があります。
ですから、花粉症などのアレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎の症状緩和が期待できます。

○コレステロールの低下
腸内の脂質を吸着し便と一緒に排泄してくれるので、血中コレステロールを低下させる効果が期待できます。
健康診断でいつも「コレステロール値が要注意」とお悩みの人にもありがたい効果です。

メーカー別乳酸菌の比較

有名なメーカーの乳酸菌飲料は、牛乳などを発酵させてから甘味料、香料、果汁などを加えて嗜好性を高めています。
ですから、甘みや風味によってその人が飲みやすいと思うものが違うはずです。
それに、もちろん入っている乳酸菌の種類も違うので健康効果も違います。
そこで、いくつかの乳酸菌飲料を比較してみたいと思います。

※乳酸菌飲料と同等、もしくはそれ以上の健康効果が期待できる発酵乳の商品も含めて紹介しています。

○ヤクルト400/ヤクルト
生きて腸内まで到達し腸内環境を改善する乳酸菌を1本に400億個含んだ乳製品乳酸菌飲料です。
便通改善のほか、免疫力向上やがん予防の効果が期待されています。
ヤクルト

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株(L.カゼイYIT 9029)
内容量:80mL
価格:70円(税別)

○カルピス酸乳アミールS/カルピス
血圧が高めの方に適した特定保健用食品の乳酸菌飲料です。
砂糖ゼロ、脂肪ゼロのカロリーオフなのでさっぱりしていて飲みやすく、健康を気にする方でも毎日続けやすいと好評です。
カルピス酸乳アミールS

乳酸菌の種類:LTP(ラクトトリペプチド)
※カルピス社独自の乳酸菌「ラクトバチルス・ヘルベティカス」が生み出す関与成分
内容量:200mL
価格:160円(税別)

○R1ドリンクタイプ/明治
体調管理を乳酸菌の強いパワーによってサポートするというコンセプトの乳酸菌飲料です。
R1ドリンクタイプ

乳酸菌の種類:ブルガリア菌(1073R-1乳酸菌)
内容量:112mL
価格:126円(税別)

○ミルミル/ヤクルト
大腸に生きてとどく乳酸菌を1本に100億個以上含んだ飲むタイプのヨーグルト(発酵乳)です。
ミルク風味でおいしさも◎です。
ミルミル

乳酸菌の種類:ビフィズス菌
内容量:100mL
価格:90円(税別)

○恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ/雪印メグミルク
内臓脂肪を減らすダイエット効果のある乳酸菌を含んだ飲むヨーグルト(発酵乳)です。
脂肪ゼロ・砂糖ゼロなので、無理をしないダイエットにピッタリです。
ガセリ菌SP株ヨーグルト

乳酸菌の種類:ガセリ菌SP株
内容量:100g
価格:105円(税別)

○プレティオ/ヤクルト
血管の収縮を穏やかにして血圧を下げてくれる乳酸菌を含んだ乳製品乳酸菌飲料です。
血圧が高めの方の健康対策におすすめです。
プレティオ

乳酸菌の種類:GABA(ガンマアミノ酪酸)
※乳酸菌シロタ株とラクトコッカスラクチスから生まれる関与成分
内容量:100mL
価格:115円(税別)

○ジョア/ヤクルト
生きたまま腸内に到達する乳酸菌を含む飲むヨーグルト(発酵乳)です。
腸内の悪い菌を減らして良い菌を増やしてくれるのでおなかの調子が良くなります。
ジョア

乳酸菌の種類:乳酸菌シロタ株
内容量:125mL
価格:100円(税別)