乳酸菌は腸内環境改善に効果的

乳酸菌を摂取することでおなかの調子が良くなったり、体調不良の改善が見られたりするという人は実に多いものです。
このように良い方向に体の変化を感じることができるのは、腸内環境が良くなることに大きな関係があります。

乳酸菌は腸内環境改善に効果的

腸内には善玉菌も悪玉菌も存在している必要があるのですが、善玉菌の数が多くて優勢に保たれていることで健康を維持できるのです。
乳酸菌を摂取すると腸内の善玉菌が増殖しやすくなるということは一般的にもよく知られています。
ですから、乳酸菌を日常的に摂取することは善玉菌優位の腸内環境を保つことにつながっていくということなのです。

乳酸菌の寿命

乳酸菌は腸内で増殖と死滅を繰り返し、最後には体外に排泄されてしまいます。
通常の人の腸内での乳酸菌の寿命は長くても1週間くらいと言われています。

体調不良
また、生活習慣や加齢に伴う体の変化によっても乳酸菌は大きく影響されます。

ストレスを受けやすい環境で生活している人や、暴飲暴食をしがちな人の腸内の乳酸菌は減りやすく、老化によっても同様のことが言えます。
乳酸菌の減少は直接的に大病につながるということではありませんが、腸内環境の悪化によって体調不良を起こすことにつながるということが考えられます。

ですから、減っていく乳酸菌を補う意味で、積極的に毎日摂取することが健康を維持するためには望ましいのです。

腸内環境が整っていることのメリット

バランスの良い食事を食べることと、善玉菌を増殖させてくれる乳酸菌を継続的に摂取すること。
この二つを心がけている人は常に腸内環境が整っています。

腸内環境が整っていると、毎日お通じがあって便を溜め込んでいないスッキリした状態を保つことができます。

また、腸は第二の脳とも言われていますので、自律神経が正常に働くことを維持でき、その結果、痩せやすくなったり、体調不良を感じにくくなったり、さらには、美肌効果を感じられるようなケースもあります。

このように、乳酸菌を摂取することは健康管理やダイエット、美容にも効き目があり、様々なメリットをもたらしてくれるのです。