乳製品と深い関わりのある乳酸菌

私たちは、主に牛乳を原料として作られている食品のことを乳製品と呼んでいます。

牛乳を含め、チーズやバター、ヨーグルトなど、身近にたくさんの種類の乳製品があります。
実は、全く別物である乳酸菌が乳製品と同じジャンルの食品であると勘違いしている人が少なくないようです。

乳製品と乳酸菌は同じもの?

乳製品と乳酸菌は似ている名前と言うこともあり、乳製品に対してアレルギー症状を持っている人が摂取することに抵抗を感じているケースもあるようです。

乳酸菌と乳製品
しかし、乳酸菌と乳製品は全く違う性質のものです。

ですから、乳製品にアレルギーがある人が乳酸菌によって同様の症状を起こすということはありません。
乳製品を食べることができない人でも、健康維持やダイエット、体質改善や美容のために乳酸菌を摂取することは可能なのです。
ただし、乳酸菌入りのヨーグルトなどの乳製品は避けるべきなので、サプリメントからの摂取が望ましいと言えるでしょう。

さて、ここからは乳製品を食べても大丈夫な人に知ってもらいたい、乳製品と乳酸菌との深い関係についてお話ししたいと思います。

みんなが好きな乳製品は乳酸菌が作っている

チーズやバター、ヨーグルトなどの乳製品は、牛乳に乳酸菌を混ぜて作ったものです。
牛乳に乳酸菌を混ぜるとたんぱく質が凝固して液体状から固形に変化します。

また、乳酸菌を混ぜることによって発酵し、こってりした食感と独特の風味が生まれます。
おいしさが増すので、発酵したタイプの乳製品を好む人は多いと思います。

ヨーグルトによって乳酸菌の栄養や効果が違う!?

毎日摂取しやすい乳製品の代表と言えばヨーグルトです。
スーパーやコンビニには豊富な種類の商品が並んでいますので、好みのものも何種類かあって迷ってしまいますよね。
みなさんは商品を選ぶ時に、『栄養とか効果に違いはないのかな?』と思ったことはありませんか。

基本的には、ヨーグルトには生きたままの乳酸菌が入っていて、同じ種類の乳酸菌であれば栄養成分や効果は同じです。
ただし、乳酸菌の種類が違えば腸内での働きは異なりますので、実感できる効果も異なるということになります。

また、固形タイプのヨーグルトと液体状タイプの飲むヨーグルトで差はないのかと思ったことはないでしょうか。
こちらについては、飲むヨーグルトというのは固形タイプのヨーグルトを撹拌して液体状にしたものですので、同じ種類の乳酸菌を配合した商品であれば栄養成分や効果は同じということです。

古い乳製品は乳酸菌が少ない!?

食品には消費期限というものがあります。
表示された期間内であればおいしく食べられますよという意味ですが、実は、乳酸菌の働きにも大きく影響しているのです。
消費期限が迫っている古い乳製品と製造されたばかりの新しいものを比べると乳酸菌の量が減ってしまっているのです。
ですから、できるだけ新しいものを食べた方が高い効き目を実感しやすいと言えるのではないでしょうか。