摂取し過ぎはどうなるの?

どのような栄養素であっても同様のことが言えるのですが、体に良いからといって一度にたくさん乳酸菌を摂取することはおすすめできません。

乳酸菌をとりすぎるとどうなるのか?

乳酸菌の場合、もし、とりすぎてしまったらどうなるのでしょうか?
乳酸菌はたとえ過剰摂取してしまっても必要ない分は便と一緒に体外に排出されるので、健康的な害はありません。
乳酸菌のとりすぎ

ただし、摂取方法によっては副作用的な症状が出ることはあるかもしれません。
乳酸菌自体は毒性を持つものではありませが、整腸作用の高いサプリメントやヨーグルトから摂取しようと考える場合、過剰摂取することによっておなかがゆるくなるような副作用が出るケースもあります。

また、乳酸菌飲料やヨーグルトの場合、カロリーが比較的高い商品もありますので、目安量以上に摂取してしまうとカロリーオーバーが気になるところです。
健康維持のために摂取しているはずが、肥満につながってしまうようでは困りますよね。

重篤な健康被害になることは考えにくいですが、せっかく摂取した乳酸菌が無駄になったり、太るなどの別の悩みにつながったりしますので、適切な量で摂取することをおすすめします。

色々な種類の乳酸菌を一度に摂取するとダメ?

みなさんが乳酸菌に期待する効果によって選ぶ種類はそれぞれ違うものだと思います。
どんな種類であっても、適切な範囲内であれば、たくさん摂取することは非常に望ましいことです。
食物のように食べ合わせが悪いなどということはありませんので、一種類の乳酸菌に限らず、色々な種類を摂取することは決して悪いことではないのです。

実は、乳酸菌は摂取する量よりも種類の多さの方が大切なポイントになります。
整腸作用を期待するのであれば、腸内に豊富な種類の乳酸菌を届けてあげた方が細菌バランスが良くなります。

また、太りやすい、おなかをこわしやすい、便秘になりやすいというように体質的な偏りがある人は、腸内の細菌バランスも偏っていることを疑った方がいいかもしれません。
体質を良い方向に改善するためには、やはり腸内に豊富な種類の乳酸菌を届けてあげた方が効果を実感しやすいのです。

乳酸菌を増やす効果的な方法

乳酸菌を増やしたいという人は、乳酸菌自体をたくさん摂取するというよりは、オリゴ糖と水溶性の食物繊維と一緒に摂取した方が効果的と言えます。
乳酸菌はオリゴ糖と水溶性の食物繊維が大好物なので数を増やしやすくなりますし、相乗効果によってより有効な働きをしてくれるのです。