子どもの産み分けができるのか?

結婚をして家族を増やしたいと思った時や、子どもに兄弟姉妹を作ってあげたいと思った時に、『男の子が欲しい。』とか、『女の子が欲しい。』というように、性別の希望を持つママやパパもいらっしゃると思います。

本来、自然妊娠するのであれば、妊娠が判明してから赤ちゃんの性別の区別ができます。

それでは、妊娠が判明する前の受精の時点で産み分けるということは可能なのでしょうか。
また、乳酸菌の摂取によって産み分けできるというような話を聞いたことがあるのですが、その点についても可能なのかどうかを調べてみました。

そもそも産み分けることは可能なのか?

100%とは言えませんが、病院で医師の力を借りながら女の子を産み分ける可能性を高めることはできるようです。

子どもの産み分け

産み分けを希望する人は産婦人科などで検査を行って、産み分けに必要な指導を受け、産み分けに役立つ特殊なアイテムを処方してもらうのです。

そして、産み分けの実践的な方法としては、
・排卵日の2日前に性交する。
・性交の5分くらい前に腟内を酸性にできるゼリー(産み分けに役立つ特殊なアイテム)を注入する。

といった過程を経て受精し、妊娠が確立した時に女の子を授かる確率が非常に高くなるということです。

長年、この方法で産み分けのサポートをしてきたある産婦人科の追跡調査によると、約70%以上の確率で産み分けに成功していると言います。

医療機関のサポートを受けることができれば安心ですし、希望通りの性別の赤ちゃんを授かる確率を高めることができるというメリットがあります。
もし、女の子をご希望であれば試してみるのもいいかもしれませんね。

産み分けに乳酸菌は役立つのか?

病院に行かずに自分で産み分けたいと考える場合には、女の子を希望する場合ですと、性交の際に女性の膣内を酸性にしておくことが有効であると言います。

腟内を酸性にできるゼリーというのが市販されているようですので、そちらを利用している人もいらっしゃいます。

しかし、実は乳酸菌を継続的に摂取していると膣内が酸性になりやすいという傾向があるというデータがあります。
ですから、女の子に産み分けたいと希望するのであれば、妊娠を予定している少し前から乳酸菌を摂取し始めることも有効と言えるのではないでしょうか。

あくまでも可能性があるかもしれないというレベルの話ですが、実践してみるのも良いでしょう。