アレルギーの種類と乳酸菌の効果

最近の研究によると、アレルギーの改善に乳酸菌が有効であるということが明らかになっています。
そこで、アレルギーの種類と乳酸菌の効果について詳しく調べてみました。

アレルギーの種類

体質的なアレルギー

通常はウィルスなどの体に悪影響を及ぼすような物質に対してのみ反応する免疫細胞が、本来は体に影響の無い物質にも過剰に反応してしまう人もいるのです。
このようなケースが、生まれ持った体質的な特徴によって引き起こされるアレルギーなのです。

アレルギーの種類

体質的なアレルギーの代表的なものとしては、花粉の多くなる季節にくしゃみや喘息がひどくなるとか、ある一定の食べ物を食べた時に皮膚のかゆみや炎症を起こすといった症状が見られます。

症状は慢性的なもので、日常生活に支障を感じている人も多くいらっしゃいます。

急性アレルギー

非常に稀なケースが突発的に起こる急性アレルギーというものです。
これは、蚊や蜂に刺された時に起こるアレルギーで、皮膚にかゆみが出たり、赤く腫れたりするという症状が出ます。
症状が強い人では嘔吐や寒気などを起こすことがありますし、最悪の場合、呼吸困難などの重症のアナフィラキシーにショックによって死に至る危険性があります。

アレルギーに対する乳酸菌の効果

アレルギーと乳酸菌に関する最近の研究によると、腸内の乳酸菌の数がアレルギーを抑制する免疫に大きく関係しているのではないかと考えられています。
乳酸菌の数が十分である人は腸内細菌の善玉菌が優勢になっていて悪玉菌増殖が抑えられますので、その結果として免疫が活性化していることが明らかになっています。

逆に、腸内に乳酸菌が少ない人はアレルギーを引き起こしやすいということです。
つまり、アレルギーの発症を抑えるためには、腸内に乳酸菌を増やして免疫を活性化させるとことが有効であると言えるのです。

慢性的なアレルギーの人の腸内には乳酸菌が少ないという傾向があります。
ですから、アレルギーを引き起こしやすいというのも頷けますし、症状を抑えるためには積極的に乳酸菌を摂取すべきだと言えるのです。

ちなみに、急性アレルギーの場合は免疫のバランスに影響されるものではなく誰にでも起こり得ることですので、腸内の乳酸菌の数との関係性はあまりないようです。
とは言え、乳酸菌のパワーで免疫力を高めておくことで、万一の時に備えておくことができますので、普段から摂取しておくのも無駄ではないのです。