乳児のアトピー予防に効果的

生まれたばかりの新生児から1歳になる頃までの乳児の腸内は、大人の腸が持っている腸内細菌の種類や数と大きな違いがあります。

乳児の腸内細菌の種類や数

乳児の腸内細菌の約90%以上はビフィズス菌であり、その数は約100兆個にもなると言われています。

乳児期以降から始まる乳酸菌の変化

乳児の腸内に多い善玉菌であるビフィズス菌ですが、離乳する時期を境に減少し始めます。
幼児期になると急激に数を減らしてしまい、成人になると約20%まで減少してしまいます。

ビフィズス菌の数が減り始めるデメリットは悪玉菌が増えてしまうことです。
しかも、悪玉菌が増え続けてしまうとどうなるのかと言うと、腐敗菌などの有害物質を作る細菌が優勢の状態になりますので、病気になりやすくなるとか、老化が急速に進むなどの健康維持に支障が出ることが予想されます。

母乳を飲んでいる乳児は乳酸菌が増えやすい

実は、乳児の時に母乳を飲んでいる場合には必然的に乳酸菌を増殖させることができます。
というのも、母乳に含まれているヒトオリゴ糖という成分が乳酸菌のエサになるからです。
しかも、ヒトオリゴ糖は悪玉菌のエサになることがないので、母乳を飲んでいる乳児に限って言えば、腸内が常に善玉菌優勢の状態に保たれています。

一方で、粉ミルクなどの人工乳を飲んでいる乳児は、母乳を飲んでいる乳児に比べて悪玉菌の数が10倍にもなるというデータもあります。
ですから、理想的なのは母乳で育ててあげること。
それに、両親がアトピーを持っている場合は特に、後々子どもが成長した時にアトピー発症率を低下させることにつながっていきます。
乳児と乳酸菌

また、大人になってからも健康を維持するためには、母乳から得られなくなる乳酸菌を、離乳のタイミングで他の方法によって摂取し始めるということも重要なポイントになってくる訳です。

大人のようにサプリメントを飲むというのはまだ難しいと思いますので、赤ちゃん用の乳酸菌飲料などを利用するのが良いでしょう。
おやつとしても飲めるような商品がいくつかありますので、無理なく乳酸菌を摂取するのにはおすすめです。