乳酸菌ダイエットをする場合の乳酸菌の種類

ダイエット向きの乳酸菌を選ぶことがダイエットを成功させる最大のポイントと言えます。

乳酸菌の種類

すでに何千種類もの乳酸菌が発見されていますが、研究者の人たちによって次々に新しい種類が発見され続けています。
乳酸菌すべての種類の名前を挙げたら切りがないですが、大まかに「動物性乳酸菌」「植物性乳酸菌」の2種類に分類することができます。

・動物性乳酸菌とは
牛乳由来の善玉菌で、ヨーグルトやチーズを作る時に発酵をサポートする働きをします。
栄養分が多く、糖分が高濃度のところでしか生息できない特徴のある乳酸菌です。

・植物性乳酸菌とは
植物由来の善玉菌で、野菜や穀物に含まれています。
栄養分や糖分が少なくても生息できる、生命力の強い乳酸菌です。

ダイエットに向いている乳酸菌とは

乳酸菌は腸内で数を増やすことができるのですが、食品から摂取しようとすると、胃酸などによって死んでしまうことがあるのです。
ですから、酸に負けずに生き残って腸まで辿り着ける乳酸菌を選んだ方が効率の良いダイエットができます。
腸内の様子

「生きたまま腸に届く」というフレーズを謳った乳酸菌入りの商品をよく見かけることがあります。
これこそが、ダイエットに効く乳酸菌の最もわかりやすい見分け方なのです。

ダイエットをする時の乳酸菌の選び方

乳酸菌は多く摂取するほど、そのダイエット効果も高くなります。
ですから、ダイエット食品やサプリメントの場合であれば、配合量の多い商品を選ぶのが良いでしょう。

また、ダイエットに利用する乳酸菌を選ぶ際の重要なポイントとなるのは
「生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌」

「加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても効果が得られる乳酸菌」
いずれかに該当するものであるかどうかということです。

以前は「生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌」が主流でしたが、加熱殺菌することで加工しやすくなるというメリットもあり、最近では質の良いサプリメントには「加熱殺菌して死滅した状態で摂取しても効果が得られる乳酸菌」がよく使われるようになってきています。
生きたまま効果を出してくれるのと、死滅しても効果を出すことができるという違いはありますが、どちらもダイエットに向いているので、好みの方を選ぶのが良いでしょう。

ダイエットに効きそうな代表的な乳酸菌

・コッカス菌
人の腸内から発見された乳酸菌で、死滅しにくくて腸内に定着しやすいという性質があります。
一度腸内に定着すれば増殖しやすいので、健康効果も倍増します。
特に、中性脂肪やコレステロールを排出する作用に優れていて、食生活に問題を抱えている人のダイエットに向いている乳酸菌と言えるでしょう。

・ラブレ菌

植物性乳酸菌の一つで、消化や排出を促してくれる働きを持っています。
二次的な効果として新陳代謝が良くなるので、基礎代謝量が増えたり、内蔵脂肪が燃焼されやすくなったりし、ダイエットにも効きめがあるようです。

・フェカリス菌
「熱に強く、生きて腸まで届く」という特徴を持つ乳酸菌なので、まさにダイエット向きと言えます。
フェリカス菌の中でもさらに細かく分類した「EC12株」という種類の乳酸菌は代謝をアップする働きがあるので、特にダイエットに効果的なのです。