乳酸菌は効果なし?花粉症が改善するのは嘘なのか?

yoghurt_wellbeing

花粉症を改善するには、
乳酸菌が効果的と言われています。

代表的な食品が「ヨーグルト
毎日ヨーグルトを食べ続けたら
花粉症の症状が改善したという
声も多く見受けられます。

が、反対に
全く効果がなかった」という
声があるのも現実です。

今回の記事では、
乳酸菌は効果なし?
花粉症が改善するのは嘘なのか?

という内容をお届けしていきます。

乳酸菌では花粉症は改善しない?

結論を最初に述べてしまうと、
花粉症に効果的なのは本当」です。

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、
腸内環境を整えてくれて、
免疫力を高めてくれます。

その結果として、
花粉症の症状を緩和・改善すると
言われています。

参照>>乳酸菌が花粉症を改善?ヨーグルト以外に効果的な食べ物!

「効果なし」という声の真相

160665-hayfever

ヨーグルトを食べたけれども、
花粉症の症状は全く改善されず、
効果がなかった。

なぜ効果が得られなかったのか?
その理由は大きく3つあると思います。

効果には個人差がある

同じヨーグルトを100人が食べても、
全員に同じ効果がでることはありません。

生活習慣や体型・体質などによって、
効果の出方には個人差があるからです。

これはヨーグルト(乳酸菌)だけでなく、
他の食品や成分などでも共通しています。

100人中100人が全員同じ結果に〜という
「モノ」はこの世に存在しないでしょう。

そのため、効果のあり・なしが
出てくるということですね。

短期間しかヨーグルトを食べていない

2日〜3日などの短期間では、
ヨーグルト(乳酸菌)の効果を
はっきりと実感できません。

花粉症の症状改善を目的とするなら、
最低でも1〜2ヶ月間は必要です。

1日の目安量は100g〜200g
これを毎日食べ続けることで
効果を実感できる確率が高まります。

即効性があるものではないので、
毎日コツコツ食べ続けることが大事。

ヨーグルトの選び方を間違えている

どのヨーグルトにも基本的に
乳酸菌は含まれています。

が、乳酸菌には様々な種類があり、
その種類によって働きが異なります。

参考までに、
花粉症に効果があると言われている
乳酸菌の種類の例がこちら。

  • LG21乳酸菌
  • 1073R-1乳酸菌
  • フェカリス菌
  • KW乳酸菌
  • L-92乳酸菌
  • ラブレ菌
  • BE80菌
  • BB536

市販されているヨーグルトによって
ウリにしている乳酸菌の種類が違います。

合う・合わないが出てくると思うので、
いくつかの種類を試してみて、
しっくり来るものを見つけましょう。

最後に

いかがだったでしょうか。
乳酸菌は効果なし?
花粉症が改善するのは嘘なのか?

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^

乳酸菌と花粉症の関係まとめ