便秘の主な原因まとめ【食事の乱れ/運動不足/ストレスなど】

Constipation_Remedies

便秘になる原因と聞くと、
食生活の乱れや運動不足、
ストレスなどを思い浮かべます。

確かにどれも原因の一つなのですが、
細かく見ていくとまだまだあるんです。

ということで今回は、
便秘の主な原因をまとめて
見ていきたいと思います。

便秘の原因は主に以下の6つ。

  1. 生活リズムの乱れ
    (睡眠不足)
  2. 食生活の乱れ
  3. 水分不足
  4. 運動不足
    (筋力不足)
  5. ストレス
  6. 便意を我慢する

では、ここからは6つの原因を
1つ1つ細かく見ていきます。

生活リズムの乱れ(睡眠不足)

寝る時間・起きる時間がバラバラ、
夜更かしをすることが多い、
休日は寝溜めをする、などなど。

このような不規則な生活が続くと、
自律神経のバランスが崩れてしまい、
腸内環境が悪化していきます。

その結果、胃腸の働きが低下し、
便秘や全身の倦怠感などの
不調が出てきます。

食生活の乱れ

お肉や脂っこいものが大好き、
ダイエットで食事制限をしている、
食事を抜くことが多い、などなど。

偏った食生活が続いたり、
食物繊維が不足してしまうと、
便秘を引き起こしてしまいます。

特に食物繊維です。
ただでさえ不足しがちですから、
食生活が偏るとなおのことです。

水分不足

人間の体の約6割は水分です。
1日に2リットルを目安にして
水分を補給しましょうと言われるのも
頷けると思います。

また、水分が不足すると、
便が硬くなってしまうんです。

便が硬くなるとどうなるか?
そう、詰まってしまいます。
つまり便秘になるということです。

運動不足(筋力不足)

運動は体力や筋力がつくだけでなく、
自律神経のバランスを整える働きや、
ストレス解消効果もあります。

また、女性の場合は特に
腹筋が弱くなることが原因で、
ぜん動運動が小さくなります。

※ぜん動運動とは?
腸が収縮し便を運ぶ運動のこと

腹筋が弱くなり
ぜん動運動の動きが小さくなると、
便秘を引き起こします。

ストレス

ストレスも自律神経のバランスを崩し、
腸内環境を悪化させる大きな原因。

仕事でイライラすることが多い、
環境の変化になかなか適応できない
という人は便秘になりやすいです。

便意を我慢する

おならや便意を我慢すると、
体に負担がかかるだけでなく、
便が溜まっていきます。

正常のキャパを超えた便が溜まると、
自然に排便することが難しくなり、
結果的に便秘を招くことも。

便秘解消の方法は?