乳酸菌の種類と効果・効能一覧!特徴と違いをまとめてみた

czMjYXJ0aWNsZSMyOTE3OSMxMDU2NDYjMjkxNzlfMV9iRXdoZU5uc1RJLmpwZz8wNjMy

この記事では乳酸菌の種類と効果を
一覧形式でまとめています。

乳酸菌」と言っても種類は豊富で、
代表的なものでも30種類以上あります。

種類によって期待できる効果も異なり、
人によってその乳酸菌との相性が
合う・合わないもあります。

相性が合う・相性が良い乳酸菌は
どうやって見つければいいのか?

その答えはこちらから確認ください^^
>>乳酸菌には相性が!自分に合う・良いものを見つけるコツは?

それではここからは、
乳酸菌の種類と効果・効能一覧
見ていこうと思います。

乳酸菌の種類について

動物性と植物性

乳酸菌は「動物性乳酸菌」と
植物性乳酸菌」に大別されます。

それぞれの違いを表にまとめると、
次のようになります。

特徴 動物性乳酸菌 植物性乳酸菌
生息場所 乳製品(主に牛乳) 植物全て
糖との関係 乳頭のみ 多糖類多様
糖濃度の影響 一定 濃淡関係なく生息可能
栄養状態の影響 栄養豊富でバランスが良くないと生息不可 栄養が少なくバランスが悪くても生息可能
他の微生物との共存 基本は単独 可能
食塩の影響 生息できない 高濃度でも生息可能

一見すると植物性の方が優秀で、
動物性は摂っても意味ないのでは?と
思ってしまいそうですが…

そんなことはありません。

ヨーグルトなどの乳製品には
豊富に動物性乳酸菌が含まれています。

動物性乳酸菌は生存性が低いですが、
腸内まで届いて生存してくれれば、
しっかりとした働きをしてくれます。

主な動物性乳酸菌の種類は、
ブルガリア菌/LG21/BB536
などが挙げられます。

植物性乳酸菌は主に発酵食品、
キムチや納豆などに含まれています。

乳酸菌といえばヨーグルト!
というイメージがありますが…

ヨーグルトだけに固執せずに、
その他の発酵食品も積極的に
食べるようにするとGoodです。

乳酸菌の種類と効果・効能
  • 1073R-1乳酸菌

ブルガリア菌の一種で、
インフルエンザに有効な働き。

  • KW乳酸菌

花粉症などのアレルギー症状を
緩和してくれる働きがある。

  • L-55乳酸菌

比較的新しく発見された乳酸菌で、
胃酸で殺されずに腸まで届く。

  • LB81乳酸菌

プレーンヨーグルトに含まれており、
美肌効果が期待できる。

  • LGG乳酸菌

アトピー性皮膚炎や花粉症などの
アレルギー症状に有効。

  • N-1乳酸菌

プロバイオティクスの乳酸菌で、
腸内環境正常化の働きあり。

  • NS乳酸菌

体の抵抗力を高める働きがあり、
ガンの抑制効果があると言われている。

  • L29乳酸菌

花粉症や慢性的な鼻炎などの
アレルギー症状に有効。

  • L-92乳酸菌

Th1細胞を活性化させる働きがあり、
アレルギー症状を抑制してくれる。

  • LG-21乳酸菌

胃がんを引き起こすピロリ菌を
抑制する働きがある。

  • EF乳酸菌

生活習慣病予防や花粉症予防の働きあり。

  • ETF-2001

抗炎症作用や治癒力を高める働きあり。

  • 乳酸菌BB536

世界で初めてヨーグルトになった
ビフィズス菌と言われている。
整腸作用/アレルギー症状緩和/
便秘解消などの働きがある。

  • 乳酸菌LS1

口の中の環境を整えてくれるので、
口腔ケアに効果的。

  • 乳酸菌EC-12

他の乳酸菌よりもサイズが小さく、
一度に大量の菌を届けることができる。

  • 乳酸菌シロタ株

「L.カゼイ・シロタ株」「ヤクルト菌」
という通称。

悪玉菌の働きを抑制し、
便秘解消/肌荒れ改善などに有効。

  • プロテクト乳酸菌

漬物に含まれている乳酸菌で、
細胞壁が非常に暑い。

他の乳酸菌に比べると、
免疫力向上に有効とのこと。

  • ラクティス乳酸菌

お腹の中に存在している乳酸菌を
増やしてくれる働きがある。

  • ラブレ菌

便秘解消やガン抑制などの働きがある。