夏バテ防止対策のために運動を!水分補給は欠かさずに!

2014-04-25-Walking_JR_604

夏バテを予防するためには、
適度な運動を行うと効果的です。

もちろん、運動だけではなく、
食事や睡眠などの習慣を見直し
正すことも大切です。

今回は運動に焦点を当て、
夏バテ防止対策のために運動を!
水分補給は欠かさずに!

という内容をお届けしていきます。

なぜ運動が効果的なのか?

主な理由は3つあります。
「血糖値を下げる」
「自律神経のバランスを整える」
「体温を上げ快眠につながる」

まず血糖値についてですが、
甘いジュースやアイスなどを摂ると
体の血糖値が上がります。

夏バテ気味で食欲が無くても、
ジュースやアイスなら口にできる〜
ということもありますよね。

ですが、考えてみればわかりますが、
甘いモノばかり食べていたら体に毒ですし、
摂りたい栄養を摂ることができません。

これを解消するためには
運動が効果的と言われています。

運動をすることで血糖値が下がり、
食欲増進効果があるからです。



次に、自律神経のバランスについて。
夏場はどうしても自律神経が乱れがち。

食生活が乱れることも原因の一つですが、
外と室内の温度差が大きいというのも
自律神経を乱す主な原因です。

適度な運動を行うことで、
乱れたバランスを整えていきましょう。



最後に、快眠について。
体温の落差が大きい程ぐっすり眠れます。

昼間〜夕方にかけて体温を上げておくと、
質の高い睡眠ができ、夏バテ予防になります。

運動で体温を上げるのもそうですが、
温かい・辛い食べ物を食べるとか、
ゆっくりお風呂に入るというのも
体温の上昇効果があります。

運動は比較的軽いものでOK

walking

毎日10kmのランニング〜とか、
週5日で運動する〜とかは不要。

あまりハードな運動をすると、
運動の習慣がなかった人の場合
怪我につながる可能性もあるので。

夏バテ予防を目的とするなら、
1回20分〜30分の運動を
週2日〜3日
行うと効果的です。

ウォーキングやエアロバイク、
エアロビクスなどの有酸素運動が◯

また、運動を行う時間帯は
朝や夕方など涼しい時間帯に行いましょう。

水分補給は欠かさずに

運動時の水分補給は
喉が渇く前に行いましょう。

一度にがぶがぶ飲むのではなく、
コップ半分〜1杯分の水分を
こまめに飲むようにしましょう。

最後に

夏バテ防止対策のために運動を!
水分補給は欠かさずに!

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^