夏バテの睡眠不足を防ぐ!熱帯夜でもぐっすり眠る方法!

o-SLEEP-MISTAKES-facebook

暑くてジメジメする熱帯夜。
ただでさえ寝不足気味だというのに、
熱帯夜が続くとなおのことですよね^^;

どうにかして熱帯夜が続いても
ぐっすり眠ることはできないものか?

ということで今回の記事では、
夏バテの睡眠不足を防ぐ!
熱帯夜でもぐっすり眠る方法!

という内容をお届けしていきます。

熱帯夜でもぐっすり眠る方法

ぐっすり眠る方法の中には、
「取り入れたい習慣」と
「辞めた方がいい習慣」の
2種類があります。

まずや辞めた方がいい習慣から
見ていきましょう。

これを辞めれば快眠につながる
  1. 寝る前のスマホイジり
  2. 夕食をお腹いっぱい食べる
  3. お酒を飲み過ぎる
  4. 寝る直前までテレビやPCを見る

「1」と「4」は目に強い光が入るので、
眠気が覚めてしまいます。

特に気を付けたいのは
1:寝る前のスマホイジり

枕元で充電をしながら
アプリやSNSを見る〜という人も
少なくないのではないでしょうか?

この習慣は睡眠不足を招くだけでなく、
肥満やうつ病になるとも言われています。

今すぐには辞められないかもしれませんが、
スマホの充電はベッドから離して行うなど
工夫をすることをオススメします。

「2」についてですが、
夕食は寝る3〜4時間前に済ませておく
快眠につながります。

お腹いっぱいのまま眠ってしまうと、
消化活動が行われたまま寝ることになるので、
疲れが取れないということになります。

「3」のお酒はほどほどならOKですが、
酔っ払うまで飲んでしまうと逆効果。

寝ている途中に目が覚めてしまい、
睡眠の質を下げてしまいます。

この習慣を取り入れて快眠を

woman sleeping_5128318

  1. 夕方に軽い運動をする
  2. 寝る1〜2時間前にゆっくりお風呂に入る
  3. 寝室の環境を整える(室温26℃:湿度50%前後)

参照>>今すぐできる!熱帯夜に負けない快眠法

熱帯夜でも快眠する方法の1つに、
夜までに体温を上げておく
というものがあります。

体温の落差が大きい程、
ぐっすり眠れるからです。

昼間〜夕方は食事や運動で体温を上げ、
夜はぬるめのお湯にゆっくり浸かって、
体の芯から温まりましょう。

その後は上がった体温が下がるに連れて、
心地よい眠気が感じられます。

最後に

夏バテの睡眠不足を防ぐ!
熱帯夜でもぐっすり眠る方法!

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^