夏バテ対策にヨーグルトが効果的?簡単レシピ3選!

summer

梅雨が明けるといよいよ夏本番。
そして、夏になると心配なのが
夏バテ」です。

疲れが蓄積されて食欲が落ち、
なかなか思うように食事が摂れません。

そんな時にオススメしたいのが
ヨーグルト」です。

夏バテにヨーグルト?と
思うかもしれませんが、
これが案外効果的なんです。

今回の記事では、
夏バテ対策にヨーグルトが効果的?
簡単レシピ3選!
という内容を
お届けしていきます。

 そもそも夏バテの原因って?

夏バテの原因は主に3つ、
「自律神経の乱れ」
「水分不足」
「胃腸の働き悪化」

夏場はどうしても自律神経が乱れがち。
外は太陽の光と照り返しで暑いけど、
室内はクーラーが効いているから
ちょっと肌寒く感じるくらいです。

この温度差が大きければ大きい程、
自律神経が乱れやすくなります。

これに加えて水分が不足すると、
胃腸の働きが悪化してしまい、
夏バテの症状が出てきます。

参照>>夏バテの主な原因3つ!疲れ・ストレスには要注意

夏バテ対策にヨーグルトが効果的?

yoghurt_wellbeing

あまり聞いたことがありませんが、
実は夏バテ対策に「ヨーグルト」が
効果的と言われているんです。

というより、ヨーグルトに含まれている
乳酸菌」が夏バテ対策に効果的と
言った方が正しいかもしれません。

乳酸菌は腸内環境を整え、
免疫力を高める働きをします。

自律神経の乱れや水分不足で
働きが低下してしまった腸を
元の状態に戻す働きをするんですね。

メカニズムを簡単にまとめると、
次のようになります。

  1. 腸の働きが悪化すると、
    悪玉菌の数が増え優位に立つ。
  2. ヨーグルト(乳酸菌)を摂ることで、
    善玉菌の数を増やす。
  3. 腸内細菌が活性化し免疫力向上。
    風邪にもかかりにくくなる。

簡単ヨーグルトレシピ3選

塩ヨーグルト

mainimg

無糖ヨーグルトに塩を加えるだけ。
そのまま食べることもできますし、
塩麹のような感覚で使うこともできます。

塩麹よりも塩ヨーグルトの方が
安上がりというのも魅力的です。

そのまま野菜に付けてもよし、
お肉や魚を漬け込んでもよしと、
使い道も幅広いです^^

参照>>塩麹より簡単便利?「塩ヨーグルト」レシピ

また、塩ヨーグルトを
ドリンクにして飲むのも◯

ヨーグルトと水を1:1の割合で混ぜ、
そこに少量の塩を加えるだけで完成です。

汗をかいた後などは塩をちょっと多めに、
塩分の摂り過ぎが気になる人は
少なめに調整するとなおよしです^^

ニンニク風味のヨーグルトスープ

finish

タラトル」というブルガリアの
冷製スープがあります。

ヨーグルト/刻んだキュウリ/
ニンニク/ディル(ハーブ)

5分〜10分程度で簡単に作れるので、
ぜひ試してみたいレシピの1つです。

参照>>ゴクゴク飲めるヨーグルトドリンクで夏バテ防止

青汁ヨーグルト

yogurut-in-kale

プレーンヨーグルトに
粉末の青汁を振りかけるだけ。

なぜ青汁なのかというと、
青汁はビタミンが豊富で、
乳酸菌の働きを促進するのだそう。

1日1個の青汁ヨーグルトを
1週間食べ続ければ効果を実感できると
言われています。

参照>>夏バテ対策は「ヨーグルト+青汁」がいい?

最後に

いかがだったでしょうか?
夏バテ対策にヨーグルトが効果的?
簡単レシピ3選!
という内容を
今回はお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^