1日3食って実は嘘?1日2食で太るどころかダイエット?

images

健康のためには1日3食!
昔から言われていますよね。

1日3食が当たり前で、
1食でも抜くと調子が出ない〜
という人もいるかもしれませんが。

実は3食ではなく、
2食とか1食の方が健康的
とも言われています。

今回の記事では、
1日3食って実は嘘?1日2食で
太るどころかダイエット?

という内容をお届けしていきます。

1日3食って実は嘘?

特に朝ご飯が一番大事だから、
朝はしっかり食べましょう!

反対に夜は腹八分目にして、
がっつり食べ過ぎないようにしましょう。

・・・このようなことが
昔から言われていますよね。

では、なぜ1日3食必要なのか、
ハッキリと答えられますか?














子どもの頃からそう聞いているから、
学校でそう習ったから、という人が
ほとんどではないでしょうか?

江戸時代までは「1日2食」だった

こちらのページを見てみると、
「江戸時代までは1日2食だったけど、
1930年代から11日3食になった」
ということが説明されています。

このような時代背景もあって、
1日3食が正しい!という文化が
根付いた〜というわけですね。

1日3食?1日2食?

DI_IMG_5788500-thumb-815xauto-5854

これに関しては
正解がない」というのが現実。

1日3食しっかり食べても、
肥満や生活習慣病とは無縁で、
至って健康的な人もいますし。

1日2食がいいから〜と聞いて
3食から2食に減らしてみたけど、
逆効果だった〜という人もいます。

1日3食派の意見
  • 1日に必要なカロリーと栄養を
    1食・2食で摂取するのは難しい。
  • 食事は腸に刺激を与え、
    働きを活性化してくれる。
    3食摂るのが好ましい。
  • 朝ご飯は非常に重要。
    低くなりがちな副交感神経を上げ、
    血行を良くし体温を上げる。
1日2食派の意見
  • 朝ご飯は不要。
    朝は排泄の時間だから、
    あまり食べない方が健康的。
  • 食べてから排泄されるまでには
    「18時間」かかる。
  • 昼食はしっかりガッツリ、
    夕食は軽めに済ませる。


それぞれの意見をまとめると、
朝ご飯を完全に抜くのではなく、
軽めに済ませるのがベスト〜

と言えそうです。

1日3食を肯定している医師でも、
朝ご飯はバナナ1本/パン1枚/
コップ1杯の水と非常に軽めなので。

食事回数=生活習慣に合わせる

例えば、体を動かす仕事で、
朝から夕方まで外回り〜とか。

エネルギーを消費するような人は、
朝ご飯が欠かせません。

ただ、デスクワークが中心で、
通勤は自家用車を使う〜という人は、
1日2食にしてもいいと思います。

ちなみに私の食生活はというと、
1日2食」です。

数年前までは1日3食だったのですが、
デスクワーク中心の仕事になってから、
1日2食に変えたんです。

朝ご飯はヨーグルトをちょこっと、
お昼ごはんは好きなものを食べて、
夜は軽めに済ませる。

1日3食しっかり食べていた時より、
今の方が体の調子がいいです、本当に。

1日2食でダイエットできる?

1日3食から2食に減らしたら、
ダイエットできた〜という人も
少なからず見受けられます。

が、痩せるか太るかって結局
摂取・消費カロリーの関係」です。

1日2食でも摂取>消費カロリーなら、
太ってしまいます。

1日3食でも消費>摂取カロリーなら、
ちゃんと痩せることができます。

食事の回数を減らしたからといって
簡単に痩せられるわけではないので、
その辺は勘違いしないように。

最後に

いかがだったでしょうか?
1日3食って実は嘘?1日2食で
太るどころかダイエット?

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^