乳酸菌で便秘解消?効かない場合の主な原因3つ

20121219164915-6

乳酸菌に期待できる効果の1つに、
便秘解消」が挙げられます。

2日〜3日に1回しかお通じがないとか、
常に便秘が続いているという人は、
乳酸菌を摂取してみる価値ありです。

が、乳酸菌を摂り続けている人の中には、
いつまで経っても便秘が解消されない!
実は効果ないんじゃないの?

思っている人もいます。

今回の記事では、
乳酸菌で便秘解消?
効かない場合の主な原因3つ

という内容をお届けしていきます。

乳酸菌で本当に便秘解消できる?

これは「本当」です。
ただし、どの乳酸菌を摂るかで
期待できる効果が異なってくるので、
ただ闇雲に乳酸菌を摂るだけでは
効果が出ない可能性もあります。

参考資料としてこちらをご覧ください。
>>乳酸菌の種類と効果・効能一覧!特徴と違いをまとめてみた

「乳酸菌」と一言に言っても
その種類は多岐に渡ります。

中でも便秘解消に有効な乳酸菌が
ラブレ菌」と言われています。

ラブレ菌は乳酸菌の中でも生存性が高く、
腸内環境を整え働きを活性化してくれます。

ただ、ラブレ菌に限らず
乳酸菌を摂る時に気を付けたいことが。

先ほども紹介したように、
乳酸菌の種類は非常に豊富。

例として乳酸菌を男性に置き換えてみましょう。

あなたの目の前には30人の男性が。
イケメン・高年収・有名人…など、
色々なジャンルの男性がいます。

ただ、見た目だけでは選べませんよね。
価値観や趣味などの相性が合わないと、
そこから先へは発展しません。

実は、乳酸菌もこれと同じなんです。

乳酸菌にも相性の善し悪しがある
ということです。

オススメされている乳酸菌や、
ヨーグルトを摂り続けても
効果が出ない〜という場合。

それはもしかしたら、
相性が悪いのかもしれません。

そんな時は1つに固執せずに、
2つ目〜3つ目〜と試しましょう。

そうやって試していくうちに、
相性の良いものに出会えます。

ラブレ菌以外の乳酸菌でもOKです。
他の乳酸菌にも整腸作用はありますからね^^

乳酸菌の効果が出ない場合の主な原因3つ

乳酸菌との相性が合っていない

先ほどもお話したように、
今摂っている乳酸菌・ヨーグルトと
相性が合っていない可能性があります。

1週間〜2週間摂り続けても
少しも改善の兆しが見えない場合は、
他のものに切替えてみましょう。

短期間しか摂り続けていない

乳酸菌を摂取したからといって、
1日2日の短期間ではほとんど無意味。

最低でも1週間〜2週間は
毎日乳酸菌を摂取してみましょう。

それでも変化が実感できない場合は、
他の種類に切替えてみましょう。

生活習慣が悪い

寝不足気味/夜更かしをする/
食事が偏っている/運動不足。

このような生活を送っていると、
いくら相性のいい乳酸菌を摂っても
変化を実感できません。

乳酸菌はあくまでも「健康補助」の役割。
それ以外の生活習慣も正してこそ、
最大限の効果を発揮できるものです。

最後に

いかがだったでしょうか?
乳酸菌で便秘解消?
効かない場合の主な原因3つ

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^