プロビオヨーグルト LG21の効果は?花粉症や口臭対策に?

image

明治から発売されている
プロビオヨーグルト LG21

コンビニでもよく見かけ、
手軽に購入できるヨーグルトです。

今回の記事では、
プロビオヨーグルト LG21の効果は?
花粉症や口臭対策に?

という内容をお届けしていきます。

LG21乳酸菌って何?

プロビオヨーグルト LG21には、
LG21乳酸菌」が含まれています。

商品パッケージには
リスクと戦う乳酸菌
という謳い文句が記載されています。

LG21乳酸菌は他の乳酸菌に比べて、
ピロリ菌の抑制能力が高いです。

ピロリ菌が引き起こす主な病気は、
胃潰瘍や胃炎、胃がんなど。

抗生物質などを服用することで
ピロリ菌を抑制できるのですが、
この時に他の菌も一緒に抑制してしまい、
お腹を下すことがあるんです。

が、LG21乳酸菌は
ピロリ菌を中心に抑制するため
下痢になりにくいと言われています。

花粉症には効果はあるのか?

乳酸菌やヨーグルトと聞くと、
花粉症の改善〜とか、
便秘解消〜という効果を
思い浮かべると思います。

LG21乳酸菌はどうなのかというと、
明治の商品紹介ページを見ても
「花粉症」や「アレルギー症状」
「便秘」に対する研究データは
一切紹介されていません。

が、毎日食べ続けた人の中には、
花粉症が改善された〜という人や、
お腹の調子が良くなった〜
という人もいます。

LG21乳酸菌も整腸作用があるため、
それに伴い各種症状を改善する力は
あると言えます。

口臭対策にもオススメ?

毎日歯を磨いているのに、
なぜか口の臭いが気になる…
ということがあります。

原因は様々ですがその中の1つに
ピロリ菌」が関係していると
言われています。

腐ったタマゴの臭い、
アンモニア臭がする場合は、
ピロリ菌が原因かもしれません。

ピロリ菌を抑制するLG21乳酸菌を
毎日摂取し続ければ口臭対策に?と
思っている人もいるようですが…

必ずしも効果が出るわけではありません。

3ヶ月とか半年とか長期間に渡って
毎日摂取し続ければ話は別ですが。

本気で口臭を改善させるなら、
まずは歯医者で治療を受けましょう。

将来的な口臭が心配なら、
今のうちからLG21乳酸菌を
摂取しておくのも対策の1つです。

最後に

いかがだったでしょうか?
プロビオヨーグルト LG21の効果は?
花粉症や口臭対策に?

という内容をお届けしてきました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^